上祐代表講義

  • 上祐代表講義

    第358回『心のコントロール:否定的な感情への対処法』(2018年2月18日 福岡 66min)

    不満・怒り・不安・落ち込みなどの否定的な感情への対処法への講義である。

    1.気分転換:環境と体の使い方を変える

    (1)環境を変える
      ①屋外・自然へ、良い気の場所、視界が広がる場所
      ②室内ならば、部屋の整理整頓、換気、穏やかな音楽  
       心が静まるシンボル・ツール=仏画・瞑想香・聖音など

    (2)行動を変える
      ①適度な運動をする:散歩・体操・有酸素運動 → ヨーガの体位法(アーサナ)
      ②姿勢を整える:背筋を伸ばして肩の力は抜く → ヨーガの座法(アーサナ)
      ③呼吸を整える(腹式呼吸で深くゆったりと) 吐く方も重視=緊張が抜ける、
        上級編は保息も → ヨーガの呼吸法(プラーナーヤーマ)

    (3)気分転換の本質は、「気」のコントール
      「気」=体の中の目に見えないエネルギーの流れ


    2.意識・心の視野の拡大=仏教の智慧の修行

    (1)意識・心の視野が狭くなると、心が不安定になる   
       人は「今の自分」に意識が制限されやすい=エゴ・自我執着

    (2)仏陀の悟り・智慧は、意識の拡大に関係する
      ①仏陀の悟りの境地(涅槃):煩悩が静まった寂静・平安の境地
      ②仏陀の大慈悲=全ての生き物に対する広大無辺な慈悲の心
      ③仏陀=目覚めた人、智慧を得た者→全時空間に意識が拡大している
        目覚め・智慧とは、意識(心の視野)の拡大、全体を見る力   


    3.意識が拡大すると気付く(無量の)幸福
    (1)自分の得ている膨大な恵みに気付く
          無数の生き物の中で人間に、日本人に、法縁がある者に生まれた
          地球の生命・人類の歴史の中で最も恵まれた時代21世紀

    (2)苦しみの裏にも幸福があることに気づく    
          苦しみは、際限ない貪りと戒め、慈悲の心に導く

    (3)世界全体がそのままに恩恵だと気づく    
          誰のものかとは関係なく(自他の区別を越えて)



    第361回『大きな力となる朝と夜・食事の際の瞑想』(2018年3月25日 福岡 53min)

    毎日繰り返し行うことが出来る朝と寝る前、さらには食事の際の瞑想

    1.人間の潜在意識を変え、大きな力を持つ朝と夜の実践

    (1)潜在意識=無意識とは
     人は、多くの行為を意識せずに行なっている。これは潜在意識=無意識の働き繰り返された習慣は、潜在意識・無意識に根付いている。

    (2)朝起きた時、その日一日の心構えを整える(良い行動の決意をする)
     普通の人間は、無意識的に悪い習慣の影響の下にあり、朝のうちに修正すると、その日を良い流れで始めることができる。人間の朝の心の状態=心の初期設定は、望ましいものばかりではなく、それを修正して始める。始め良ければすべてよし。

    (3)夜寝る前に、その日を反省をして改善の決意をする。
    ① 悪い行為は、意識して反省しなければ、気づかないことも多い。
    見たくないために忘却されがちで、潜在意識に根付いて習慣化する。  
    ② 寝る前の反省は良い睡眠状態をもたらす。
    深い眠り、良い気の流れでの睡眠睡眠は人生の三分の一から四分の一もあり重要である。

    2.食事の際の感謝の瞑想

    (1)食事の際の瞑想は、感謝と恩返し、善行を誓う良い機会である。
    (2)感謝・足るを知る心・恩返し・謙虚さ・善行なす精神、更には、自分に過剰にとらわれない(無我)の精神を培うことができる。



    ◆第352回『仏教思想の精髄:慈悲=苦しみを喜びに変えて生き抜く力』(2017年12月17日東京 60min)

    失敗・挫折・不安・敗北・卑屈・妬み・後悔・孤独などなど、様々な苦しみがある誰しも人生に、確かに尊い価値を与える仏教思想の精髄、「慈悲の思想」が生む生きる力・智恵・勇気とは何か。

    動画の詳細はこちら

ひかりの輪「ネット教室」の「上級者教室」(会費無料)に登録していただくと、Web上で次のような学習実践に参加できます。

1.特別教本の閲覧
2.三悟心経の読経瞑想
3.心理学教本の閲覧

上級者教室の詳しいご案内
上級者教室無料登録

ひかりの輪の教材や動画を、オンラインショップで販売しています。

行法DVDや音楽CD、上祐代表の講話、ネパールから仕入れた法具などが、ネット上で購入できます。

また、有料で、さらに詳しい行法や講話の、動画ストリーミング配信をご利用いただくこともできます。

どうぞお気軽にご利用ください。