2008年11月

  • 上祐代表講話、好評につき、毎月2本アップ!

    上祐代表の講話が好評につき、毎月2本アップすることになりました。
    仏教から科学から、毎回、さまざまな視点で人間の生き方を説いています。
    今のような大変な世の中で、人生の道標としてお役に立てれば幸いです。
    ぜひ、ご覧ください。




  • サイト不具合のお詫びと、復旧のお知らせ

    1月12日昼ころより、突然のサーバーの不具合により、サイトをご覧いただけなくなっておりましたところ、本日15:00ころ、復旧いたしました。

    サイトにお越しいただいた皆さまには、ご不便・ご心配をおかけして大変申し訳ありませんでした。

    深くお詫び申し上げるとともに、今後とも、本サイトをどうぞよろしくお願いいたします。

                                                                     ひかりの輪 ウェブ編集部

  • 新着情報ネット道場、毎月、1日に「上祐代表講話」の新しい動画をアップ!

    ネット道場の「教え」のコーナーの「上祐代表講話」の動画を、今月から毎月1日に更新することになりました。一つの講話が最初から最後まで見ることができます。
    是非、ご覧ください。


    今月アップされた動画は以下のものです。


    「仏教修行の3つの階梯」  2008年9月28日 東京(84分)

    P928daihyo.jpgのサムネール画像仏陀はまず正しいものの見解を説いた。
    そして、正しい見解を直接知覚するための仏教修行には3つの階梯がある。

    それは原始仏教、大乗仏教、密教の3つである。


    (動画の内容)

    ●無分別智について

    ・分別が人の苦しみを生む
    ・自と他の区別を越える無分別智

    ①一日一生
    ・生きるからには必ず死ぬ
    ・不満、奪い合いでなく、感謝と分かち合いで生きる

    ②慈悲
    ・他から奪うと自分も奪われる
    ・慈悲をもって生きる

    ③悟りの境地
    ・悟り、覚醒とは?
      現象をありのままに見る洞察力が増すと
      宇宙の法が自分の源だと感じる


    ●正見解について

    ・仏陀はまず正しいものの見方を説いた

    正しい見解にいたるまでの過程
    ①間違った見解
    ②正しい見解 VS 間違った見解
    ③正しい見解:推理
    ④正しい見解:直接知覚(体感)

    ・直接知覚に至るまでの実践法
     3つの階梯


    ●原始仏教

    戒・定・慧:戒律・禅定・悟り
    止観:心を静める・特別な洞察力
    阿羅漢の境地


    ●大乗仏教

    個人の悟りを超えた衆生済度のための智慧
    六つの完成:布施・持戒・忍耐・精進・禅定(瞑想)・智慧
    智慧と方便(功徳)が必要
    仏陀の境地に至る


    ●密教

    功徳を積みながら智慧を培う。
    特殊な瞑想修行
    本尊から授かる智慧と功徳
    最速:一生でも解脱できる

    人間に生まれ、法縁があり、ダルマに信があるのは貴重なこと。

                              2008年9月28日 東京(84分)

ひかりの輪「ネット教室」の「上級者教室」(会費無料)に登録していただくと、Web上で次のような学習実践に参加できます。

1.最新の特別教本の閲覧
2.三悟心経の読経瞑想
3.インド占星学無料鑑定

上級者教室の詳しいご案内
上級者教室無料登録

ひかりの輪の教材や動画を、オンラインショップで販売しています。

行法DVDや音楽CD、上祐代表の講話、ネパールから仕入れた法具などが、ネット上で購入できます。

また、有料で、さらに詳しい行法や講話の、動画ストリーミング配信をご利用いただくこともできます。

どうぞお気軽にご利用ください。